お父様・お母様

お父様・お母様

お父様・お母様へ

より良い学習の「場」、それが和光塾です

子供たちには無限の可能性があります。

その可能性を伸ばすことができる「場」が和光塾であると考えています。

お父様・お母様へまず、お伝えしたいのは、環境とタイミングが合致すれば子供たちはびっくりするほど成長するということです。

安心して通塾して、さらにお子様が成長するためのノウハウが和光塾にはあります。

安心して通わせて下さい。

生徒さんが、入室時した時と退室した時にお父様、お母様にメールが届くカードをご利用いただけます。

「伸びる」瞬間

40年余り、教育現場でいると、子供たちの「伸びる」瞬間を目の当たりにすることが多くあります。

今も昔も変わらないことですが、子供たちが「伸びる」要因は、素晴らしい授業でも、革新的なプログラムでもありません。

それは、当たり前かもしれませんが、子供たちが「やる気」になることにほかなりません。

では、「やる気」になるためにはどうしたらいいのでしょうか?

ある生徒さんは、「友達に負けたくない」かもしれません。

また、ある生徒さんは、「志望校に合格したい」かもしれません。

つまり、「やる気」の要因は様々なのです。

ここで、共通していることが一つだけあります。

それら、様々な「やる気」は長く続かないということです。

parent_img001

「やる気」をいかに継続させるか

子供たちに芽生えた「やる気」をいかに継続させるかという問題ですが、実際にはなかなか難しい問題です。

ひとつの解決策として、その「やる気」の目標値を決定することで、継続させることができる場合が多いです。

つまり、「友達に負けたくない」のであれば、どのようなプロセスで友達よりできるようになるのかを自分で考えるのです。

「志望校に合格したい」のであれば、自分自身の現在の学力を分析して、何を伸ばせば合格できるのか?そのプロセスを自分で計画することです。

自分で立てた計画は実行しやすいと思われがちですが、そこには落とし穴が待っています。

計画を立てて、実行する

parent_img002

計画を立てる上で、よくやってしまう過ちがあります。

それは、特に受験対策で陥ってしまうことが多いのですが、「理想的な計画」になってしまうことです。

つまり、実行が難しい、無理のある計画を立ててしまうことが多いのです。

和光塾では客観的な目で、生徒と一緒にカリキュラムを計画していきます。

ですので、無理のない、実行可能なカリキュラムが出来上がります。

当然、やってみて、そのカリキュラムを修正する場合もあるでしょう。

もっとできる場合もありますし、逆にペースを少し落とした方が結果的に良い場合もあります。

40年余り生徒と接してきた経験が生きてくる瞬間になります。

parent_button001_off
  • facebook
  • twitter
  • mixi